いやーみなさん元気ですか?僕は元気じゃありませんwなぜなら仮想通貨が大暴落しているから!まあまだまだ1000万以上は余裕で利益が出ていますが、数週間で2000万以上含み益が消えるというのはなかなか悲しいものがありますw

そんなタイミング見た動画がこれ・・・。

*面倒なメールを登録しないと見られない動画ですが、まあまあ見る価値はあると思います。

→動画の視聴はこちらから出来ます

自分が苫米地氏の動画を見て気になったポイント

これから生き残り価格が上がっていく通貨の話など、直説利益に繋がる話もあったのですが、一番自分が気になったのがビットコインの流動性、保有者の偏り、暴落の危険性のついての話。

詳しくは動画を見てほしいのですが、簡素に分かり易く、そして自己理解用にまとめると以下の話になります。

ビットコインの流動性、保有者の偏り、暴落の危険性(動画をみてのまとめ)

ビットコインが総発行数100枚のコインで現在価格が1万円として計算してみます(実際は21億枚)

この100枚のコインのうち9割Aさんという人が持っているとします。つまり今回の例でいけば90枚のビットコインをAさんが持っている状況です。

この状態でビットコインの認知度が上がり、ほしいと思う人が増えたとします。

そうすると、1万円だったコインを2万円で買いたいという人がでてきて、3万、4万、5万という形でどんどん価格が上がっていきます。

この流れが続いて、価格が100万になったとします。

そうすると総発行数100枚で1万円。つまり時価総額100万円だったはずのコインの価格が100枚で100万円。時価総額1億となります。

でもここで注意してほしいのが、実際にビットコインに流入して来たお金が増えた分の99億では無いと言う事です。

極端は例をあげるのであれば、ビットコイン価格が1万円の時に100万円ので売りたいと言う人がいて、その価格で買いたいと言う人がいた場合、ビットコインの価格は100万円になり、時価総額で言えば1億円になります。

しかし、実際にビットコインに流入したお金は100万円のみです。にも関わらず、時価総額は99億円分増加します。

これはかなりの極端な話ですが、ビットコインはその殆どの部分に流動性がないため、仮にこの9割を持っている人達が売り始めた時には価格が急落するというのが苫米地氏の見解です。

さらに苫米地氏に言わせれば、この価格を上げているのは9割を握っている側の人間。つまり自分で高い金額の売りを出して、高い金額で買うことによって、つり上げられたのが今回の価格であり、極めて危険性が高いというのが今回の

ビットコイン急落説を唱える苫米地論の対する自分の見解

ぶっちゃけた話!!確かに!!って感じ、構造的には同意です。

ただ、この9割を持っている側の人間としても暴落を招いては将来的に自分の資産を減らす事に繋がるので、この9割の部分を市場にショックを与えない形で徐々に売却していくのかな?というのが個人的な考え方です。

そしてこれまで価格をつり上げてきたのであれば、さらにつり上げてくるんじゃないかな?という風にも考えています。

苫米地氏の言うとおり、9割を保有しているのであればそれも可能です。

ただ、国家的に見れば、こういう偏った状態の通貨に多くの国民資金が流れる事は懸念材料であるため、何らかの動きがあるのかも知れません。

と言う事で、盲目的に価格の上昇を信じるのではなく、注意が必要だと感じました。

にしても、苫米地氏ってめっちゃうさん臭いですけど、ちょいちょい本質を突いてきますよね・・

他にもビットコインのスケラビリティーの問題や、今後上がる通貨の話、本当の仮想通貨の話など、結構参考になる部分がありました。

全部盲目的に受け入れるのは違うかもしれませんが、一応これから仮想通貨を始めたり、仮想通貨について知識を深めたい人にとっては見ておいた方が良い動画だと思います。


メールアドレスが必要でちょっと面倒ですが、すぐ動画が届きます。

コメントを残す