前回の記事は不動産のメリット的な部分にフォーカスしましたが、実際投資を行っていく上ではリスクがつき物です。

今回はそのリスクの部分。不動産投資におけるリスクについて解説していきます。具体的には以下3点が不動産投資における代表的なリスクです

  1. 自然災害リスク
  2. 不動産価値、家賃下落リスク
  3. ローン金利上昇リスク

自然災害リスク

まず、不動産投資を行う上で1番不安な点は自然災害リスクだと思います。管理人も不動産投資を始めようとした時に1番不安だったのが自然災害リスク。その中でも特に地震による建物倒壊のリスクについては特に不安な点でした。

しかし、不動産投資を始めてから、先輩方にお話を聞くと地震に関しては『1981年の耐震基準法改正以降の建物に関しては致命的なリスクにはなり得ない』という見解を多くの人が持っていました。

実際阪神大震災で倒壊した建物は、その殆どが級耐震基準。さらに東日本大震災に関しては津波被害は大きかった物の、建物自体の倒壊な殆どありませんでした。

ですから、地震のリスクに関して言えば、埋立地を選ばない(液状化は厄介らしい)1981年以前の物件は選ばない事によってほぼ回避できますし、さらにそれでも不安であれば保険もあるため、あまり大きなリスクではありません。

逆に、水害や火災等は意外に身近なリスクという事で物件を多く持っている方に聞くと、被害を受けたという方も少なからずいらっしゃいました。ただ、これに関しても保険で対応できます。従って自然災害というのは事前に回避出来るリスクと言えます。

不動産価値、家賃下落リスク

次に最も現実的なリスクが不動産価値の下落リスクです。建物に関しては時間の経過とともに帳簿場の物件価値が下がって行きます。

また老朽化以外でも、例えば近所に大学がある物件、大きな会社がある物件など1つの要素が賃貸需要を依存している物件の場合は大学や企業が移転して場合などは、物件価値が大きく下落してしまいます。

ただし、賃貸需要に関しては知識があれば、購入前に自分で判断する事ができますし、しっかりした不動産屋さんであれば『この物件は賃貸需要は大学や企業などに依存していないですか?』と聞けば、どういう需要があるか説明出来るはずです。

そして老朽化に関しても、長く同じ物件に住んでいた方なら分かると思いますが、何年住んでも家賃が落ちるという事は基本的にはありませんし、適切な修繕さえしていれば実質的な不動産の価値というのはそこまで大きく下落する事はありません。

ですから、賃貸需要のある地域をしっかり見極める。適切な修繕を行う。この2つを意識すれば不動産価値、家賃下落リスクについてはある程度対応する事が出来ます。

ローン金利上昇リスク

最後に大きなリスク要因になり得るのがローン金利上昇のリスクです。

現在はゼロ金利政策で、金利はこれ以上下げようがないところまで下がりきっています。ですから借入を行い不動産投資を行う上ではこれ以上ない環境です。

しかし、言うなれば今が最高の状態であり、これ以上無いという事は、将来的には厳しくなる確率の方が高いという事です。

今後の事を考えるのであれば金利が上昇すると言う未来も当然頭に入れた上で借入を行わなければなりません。

上記は30年という長期の場合ですが1億円の場合は金利が1%違うだけでもこれだけの差があります。

ですから不動産投資のローンを組む場合には固定金利の選択も含め、将来を見越した上での資金計画が重要になります。

不動産投資のリスクまとめ

アフィリエイトなら、リスクはサイトを作っても儲からないというだけ、FXや仮想通貨にしても基本的には投資資金を失うだけ。

それに引き替え不動産投資は大きな借入れを行って投資をする分、1つのリスクによって生み出された問題が致命的なダメージに繋がる可能性があります。

ただし、アフィリエイトやFXと本質的に違うのは、不動産で起こりえるリスクは前述の通り対処が確実に存在するという点です。

自然災害にしても、不動産価値下落にしても、金利にしても、備えさえあればしっかりと対応する事ができます。銀行側も対応出来るからこそあなたにお金を融資するのです。

銀行の不動産投資ローンが平均2%

不動産投資物件の平均利回り13%

銀行の融資さえ受けられるのであれば、圧倒的に期待値が高い投資なのは言うでもありません。この低金利時代のビックチャンスに一歩を踏み出せるのか?踏み出せないのか?それによって見える未来が大きく変わってくると思います。

と・・最後は煽りみたいになってしまいましたが、不労所得を目指す方法はなにも不動産投資だけではありません。人によっては向き不向きがあると思います。

ですから次の記事では不労所得を目指す上であなたが不動産投資をするべきなのか?または他の方法で目指すべきなのか?という部分について解説します。

不動産投資【基礎編】メニュー

不動産投資【勉強編】メニュー

コメントを残す