ここまで仮想通貨の基本的な部分について解説してきましたが、初心者講座の第5回は仮想通貨で資産を増やしていく為に必要なポイントについて解説します。

仮想通貨取引で意識したい3つのポイント

  1. 短期売買を繰り返さない
  2. 余剰金を投資する
  3. 分散投資

短期売買を繰り返さない

現状暗合通貨は基本的には右肩上がりの価格推移ですが、細かく見れば急騰と調整を繰り返しています。

ですから、急騰して所で売って、調整した所買い戻す。利益の最大化を狙うのであれば短期売買を繰り返していく方法が理論上有効です。

ただし、これはあくまでも理想論で、急騰後の調整なんて後から見ての結果論でしかありませんし、現状スプレッド(買いと売りの価格差、実質的な手数料)が仮想通貨は大きいので手数料だけでもバカになりません。

そして調整局面を待っていると、あっという間に価格が急騰してしまうというのが現状の仮想通貨市場です。

ですから短期の利益を追求して売買を繰り返すよりも長期視点でポジションを持っていた方が最終的に手元に多くのお金が残る可能性が高いですし、何より精神的な消耗も少なくて済みますw

日々の値動きではなく仮想通貨の将来性に投資をしましょう。

管理人の場合は基本長期で短期売買を行うにしてもポジションの20%までというルールで運用しています。

分散投資

市場全体で見れば右肩上がりの仮想通貨ですが、銘柄によっては下がっているがありますし、通貨としての性質もそれぞれ異なります。

ですから、惚れ込んだ1つの銘柄に資金を投入するのでは無く幾つかの投資資金を分散させる事が重要です。

個人的なルールとしては時価総額30位以内の仮想通貨を2通貨(資金の50%)と時価総額100位以下の通貨を1~3通貨(資金の25%)という形で運用しています。

ちなみに現在保有している通貨はリップル(建値23円)ネム(建値25円)モナコイン(建値70円)です。

余剰金で行う

仮想通貨は1日で30%以上も価格が動くという事も全く珍しくありません。

ですから大切な生活資金等を仮想通貨に投入してしまっては正常な判断で取引を行う事が困難ですし1番のチャンスである暴落時に、仮想通貨を手放すという事になりかねません。

仮想通貨は長期で見た場合には確実価格が上昇しています。ですから短期的な値動きに惑わされないためにも、仮想通貨は余裕資金で行う事が大切です。

資産倍増。仮想通貨でも儲ける為の投資戦略のまとめ

資産倍増。仮想通貨でも儲ける為の投資戦略なんて大きな事を言いましたが、現状の相場であれば、購入してそのポジションをしっかり守っているだけで利益が出ます。

ですから難しい事は考えずに余裕資金を銀行に預けているくらいの気持ちで小額投資を始める。これが1番の必勝法です。

管理人は2017年頭に100万ではじめて1000万まで来たところで1度手放してしまいましたが、仮想通貨が本格的に普及するのはこれからです。

短期目線ではなく、仮想通貨の将来性を信じて投資を行って行けば、資産が増えて行くことでしょう。

全5回で学ぶ10万円から始める仮想通貨投資

コメントを残す