まだ、評価されてずに埋もれている草コインに投資をして一攫千金を狙いたい!

でも、国内の取引所は取扱通貨が少ないし、海外の取引所は英語が分からないし、セキュリティーが不安。

そんな人の為のおすすめ取引所がバイナンスです。

Binance (バイナンス)は世界No.1取引所

運営場所 日本語対応 取扱通貨数 口座維持、解説手数料
中国 日本語対応 140以上 無料

バイナンスは中国がに本社を置く仮想通貨取引所で(東京支社の設立の予定あり)現在世界No.1の取引高を誇る仮想通貨取引所です。

取引量が多いからなんなの?という風に思う人もいるかもしれませんが、セキュリティー面がしっかりしていない取引所にお金を預けようとしませんし、取扱通貨が少なければ、取引料も伸びません。

ですから、取引高といのは仮想通貨取引所の判断する上では重要なポイントになります。

バイナンスのメリット、デメリット

メリット
デメリット
・国際的に一番認められている取引所
・手数料等が日本の会社より圧倒的に安い
・対応通貨が豊富(草コイン等が充実)
・分裂コイン付与が速やか(フォーク時)
・海外取引所なのに、日本語対応
・スマホアプリもあり
・口座開設が簡単
・中国という事でなんと無く怖い(偏見だけど)
・日本円で入金が出来ない(BTCを日本の市場で購入後バイナンスに送金)

メリットの深掘り

先ほどあげたメリットで2つ詳しく解説しておきたいのが『分裂コインの速やかな付与』と手数料の部分です。

例えばビットコインの分裂。実は2017年だけでも5回あり、その度に分裂したコインがバイナンスでは付与されていますが、日本の場合は今の所1度目の分裂時に発生したビットコインキャッシュしかユーザーに付与されていません。

これは今後おそらく問題になって各社付与する方向で行くとは思いますが(希望的観測・・だって付与しないとか泥棒じゃん)バイナンスの場合速やかに分裂したコインを付与しています。

また、手数料に関しても取引金額の0.05%です。コインチェックの場合は購入時5%前後、売却時5%前後の合計10%の実質手数料が発生するため、大きな金額を動かすのであれば、バイナンスで取引を行った方がお得です。

デメリットの深掘り

中国だから怖い!というのは日本人ならではの偏見かもしれませんが、やはり日本の取引所と中国の取引所を比べると気分的に中国の方が怖いという人が殆どだと思います。

また、2つ目のデメリットとしてあげた日本円で入金出来ないと言うのは海外の取引所は全て同じで、日本の取引所でビットコインやイーサリアムなどを購入後バイナンスに送金。

そして、何かの通貨を買う時にはビットコインやイーサリアムと購入通貨を交換する形になりますので、日本円に戻す際には、バイナンスで購入した通貨をまたコインチェック等の日本の取引所に送金する必要があります。

ちょっと面倒ですが、日本で取扱がない通貨を購入する場合はこの流れは必須になります。

バイナンスのアカウント作成方法

海外の取引所と言う事で難しく考えテイル方もいらっしゃると思いますが、登録は簡単です、また1日2BTCまでであれば、個人情報を提出しなくても取引できますので、口座開設から取引開始まで大体10分もあれば完了します。

バイナンスの公式サイトへ移動

まずはバイナンスの公式サイトへ移動します。

インターネットエクスプローラー(IE)は未対応なので、chromeやFirefox等でアクセスしてください。

公式サイトに飛ぶと以下のような画面が表示されるので、それに従って情報を入力してください。

[box class="blue_box" title="手順"]1.メールアドレスを入力
2.パスワード入力
3パスワード再入力
4.矢印をスライド
5.登録をクリックして完了
[/box]

バイナンスの登録は日本の取引所と違って分かり易いので特に注意する点はありませんが、パスワードに関しては出来るだけ分かりにくい物にしておいた方がセキュリティー上おすすめです。

届いたメールをクリックでアカウントの登録は完了です。

日本語化

そんなに複雑なサイトではないので、もしかしたら殆どの人が日本語化しなくても大丈夫かもしれませんが、簡単に日本語化出来るのでサイトを日本語化させましょう。

設定は簡単で画面右の国旗マークをクリックして日本の国旗を選択するだけで、日本語化完了です。

2段階認証設定

登録が完了したら次に2段階認証の設定です。これはしなくても取引する事は可能ですが、大切なお金を守る為には絶対に必要なので、登録したらまずはじめに設定しましょう。

[box class="blue_box" title="2段階認証の仕組み"]2段階認証とは通常のIDとパスワードの他に自分のスマートフォンに30秒ごとに更新される6桁の数字を入力する事によってログインが可能になる認証方法です。

これを設定する事によって、例えIDとパスワードが流出したとしても、手元にあるスマホが不正ログイン遂行者の手元に渡らない限り、ログインが不可能になります。

仮想通貨取引所の場合不正ログインされ、不正送金された場合でも犯人を見つける事が出来ないため、絶対に設定してください[/box]

有効化をクリックすると以下の画面に進みます

[box class="blue_box" title="2段階認証手順"]1.アプリが入っていなければインストール URLはこちら
2.QRコードをアプリでスキャン
3.BINANCE登録時に入力したパスワードを入力
4.アプリに表示された6桁の番号を入力
5.Submitを押す
[/box]

これで完了です。

バイナンスの入金方法

冒頭でさらっと話をしましたが、バイナンスは海外取引所なので、日本円の入金に対応していません。

そのためバイナンスで通貨を購入するには、日本でビットコインなどの仮想通貨を購入して送る必要があります。

まずは送金アドレスを確認する為にバイナンスの公式サイトでビットコインの送付アドレスを確認します。

ログイン後画面の右上に資産という項目があるので、そこのマウスをあてると預金の引き出しという項目が出て来ます。

預け入れという項目があるので、そこをクリックして送金アドレスを表示します。

次に今使っている国内取引所にアクセス(今回はコインチェックで解説)

コインチェックで先ほどの送金アドレスを入力し、任意の数量を指定して送金完了です(ビットコインは現在送金に24時間くらいかかるので、イーサリアムとかの方がいいかも)

尚今回ビットコインで解説しましたが、他の通貨でも送金方法はほぼほぼ一緒です。ただし、銀行と違って間違ったら基本的にそのお金は帰ってこないので送金については慎重に行ってください。

バイナンスでの草コイン取引方法

入金が完了したらいよいよ取引です。バイナンスの場合注文方法は指値のみの注文なので、指定した金額なった時点で購入されます。

[box class="blue_box" title="売買の流れ"]1.価格の欄に購入希望価格を入力
2.数量の欄に購入したいロットを入力
3.購入の緑のボタンをクリック[/box]

取引に関しては日本語も対応していますし、取引画面も日本の取引所のものよりも使いやすいくらいなので、あまり難しい所はないと思います。

ただ、ちょっと分かりにくい点が1つ。

それが取引が日本円ではなくビットコインかイーサリアムを使って行われるという点です。

例えば通貨A1枚が日本円換算で100円だとするならば、日本円取引であれば価格の欄に100円と書けば取引出来ますが、ビットコインで取引する場合、例えばビットコインが日本円換算で100万円なら、通貨A1枚の価格は0.0001ビットコインなので、価格は0.0001と入力する事になります。

なれてくると何の問題もありませんが、最初はビットコインで他の仮想通貨を購入するという経験が無い方が殆どだと思いますので、少し戸惑うかも知れません。

草コインNo.1おすすめ取引所Binance (バイナンス)の評価、評判、口コミのまとめ

一通りバイナンスについて説明していたら記事が、長くなってしまいましたが、ここまでお付き合い頂きありがとうございます。

海外の取引所という事で心理的なハードルを持っている方も、少なく無いと思いますし、私自身最初は『海外は怖いし、面倒くさい』と思っていましたが、いざアカウントを作成してみると日本のように登録にやたらと個人情報を求められる事もありませんし、手数料に関しても日本の会社よりも低く抑えられています。

最初はさほど、取引量も多くないため、初心者の方は日本の取引所でもいいと思いますが、真剣にトレードしていくのであれば是非、バイナンスもお試ししてみて頂ければと思います。

登録からトレード可能になるまで5分程度というのも魅力的です。

コメントを残す